最新のお知らせ

弁護団ニュース第12号を発行しました

news12

画像をクリックするとPDF表示されます。

弁護団ニュースのバックナンバーはこちら

弁護団ニュース第12号

第12号 2013年12月5日 埼玉原発弁護団(Tel 048-642-3883)発行

埼玉でも集団訴訟へ!
東京電力福島第一原発事故 第1陣が来年2月に提訴予定

賠償への不満 いよいよ裁判の場に

多くの被災者の方々が避難する埼玉で、裁判の準備が進んでいます。
これまで、東京電力への直接請求で認められない損害については、原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)で審理がされ、財産の賠償や慰謝料の増額について一定の成果を得ることができました。

しかし、不動産に対する賠償は不十分で、また、ADRで認められる慰謝料の増額についても、未だに故郷に帰ることができない方々の賠償としては必ずしも納得できるものではありません。

そこで、埼玉原発弁護団では、東電への直接請求やADRでの賠償に納得できない方々を中心に、裁判を提起する準備を進めています。提訴は来年2月予定で、第1陣が不動産賠償や慰謝料の増額を求めます。

ADRでの解決に限界を感じている方や、裁判での解決を検討している方は、埼玉原発弁護団か,現在担当している担当弁護士に、ご要望やご意見をお知らせ下さい。

弁護団ニュース第11号を発行しました

news11

画像をクリックするとPDF表示されます。

弁護団ニュースのバックナンバーはこちら

弁護団ニュース第11号

第11号 2013年6月11日 埼玉原発弁護団(Tel 048-642-3883)発行

不動産賠償でも増額が!!~東電基準を超える和解案が出ています~

いよいよ不動産の賠償が本格化してきました。不動産の賠償については,東電側から一定の基準が提示されています。東電の計算による賠償額を記載した通知が,皆様のもとにも送られて来たのではないでしょうか。東電の計算では,新しい生活を始めるためには,不十分であるケースが少なくありません。

弁護団では,「被害者の皆様が新しい生活を一から作るために必要な賠償をすべきである。」と主張しています。こうした中,紛争解決センターから,東電の基準を超える和解案が提示されました。

【具体的な事情】
双葉町内の約520平方㍍の宅地と,そこに建つ建物が賠償対象です。原発事故当時,住居として使用されていました。被害者の方はいわき市内で新たに住宅を取得することを希望されています。

news11cace

このケースでは建物についても,改装工事を行っていることを考慮して,
東電基準より約500万も高い額が和解案として提示されました。

弁護団では引き続き,不動産についても増額を目指していきます!

東京電力福島第1原発の事故対応などに従事した後、白血病を発症して労災認定を受けた北九州市の元作業員の男性(42)が22日、東電と九州電力に計約5900万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告側弁護士によると、原発事故の対応に携わり、労災認定を受けた元作業員が提訴したのは初めて。

訴状によると、男性は2011年10月~13年12月、2次下請けの作業員として福島第1、第2原発や九電玄海原発で溶接などを担当。累積被ばく線量は約19.8ミリシーベルトに上った。

このうち福島第1原発では、4号機燃料プール周辺でのカバー設置作業などに当たり、被ばく線量は約15.7ミリシーベルトだったという。

体調不良から医療機関を受診し、14年1月に急性骨髄性白血病と診断され入院。死への恐怖からうつ病の診断も受けた。昨年10月に白血病で、今年5月にうつ病でも労災認定された。

続き/詳細は時事通信のこちらの記事をご参照ください。:2016/11/22

新着一覧

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業