「ずたずたにされた。地域も家族も」 責任問わずにいられぬ 福島・都路地区、原発賠償の原告団長 – 毎日新聞

2016-03-06

「ずたずたにされた。地域も家族も」 責任問わずにいられぬ 福島・都路地区、原発賠償の原告団長
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故で地域が崩壊したとして福島県田村市都路(みやこじ)地区の住民585人が国と東京電力を相手取り、計約64億円の損害賠償を求めた訴訟の原告団長、今泉信行さん(68)は怒りに身を震わせる。避難生活中に妻は自ら命を絶った。古里も姿を変え …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業