「もう駄目だと思った」 90歳の藤間豊子さん、熊谷空襲の体験語る – 東京新聞

2014-08-22

東京新聞

「もう駄目だと思った」 90歳の藤間豊子さん、熊谷空襲の体験語る
東京新聞
藤間さんは夫や母と熊谷市墨江町(現在の星川)の自宅の防空壕(ごう)に避難した後、荒川の土手に向かった。「二メートル間隔で焼夷弾が地面に突き刺さり、足がすくんだ。火花の間を縫うように通りに出た」。土手にたどり着いたものの「見渡す限り川に沿って一面の火の海」 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業