「インド」「米国」でも望み薄「原発ビジネス」の落日 – ハフィントンポスト

2015-12-21

ハフィントンポスト

「インド」「米国」でも望み薄「原発ビジネス」の落日
ハフィントンポスト
その1つが、2010年に成立した原子力損害賠償法。事故の際の賠償責任を原発の運営会社だけでなく設備・装置のメーカーにも求める内容で、インド国民の強い「企業(特に外資)不信」を反映している。2008年に米印原子力協定が結ばれているにもかかわらず、米原発大手の …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業