「上から目線」強い批判 避難生活続く住民 – スポーツニッポン

2014-06-17

「上から目線」強い批判 避難生活続く住民
スポーツニッポン
施設候補地とされ、事故から3年以上たった今も故郷を追われたまま避難生活を続ける福島県大熊、双葉2町の町民からは、石原氏が釈明に追われた17日も「上から目線」「避難者の気持ちが分かるか」と強い批判の声がおさまらなかった。 大熊町から約100キロ離れた会津若松市に避難し、仮設住宅で暮らしている塚

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業