「事故さえなかったら…」 原発避難訴訟の原告ら – 東京新聞

2015-05-02

東京新聞

「事故さえなかったら…」 原発避難訴訟の原告ら
東京新聞
東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県から群馬県内などに避難している四十五世帯百三十七人が、国や東電に慰謝料など計約十五億円の損害賠償を求めている訴訟の本人尋問が一日、前橋地裁で初めて開かれた。避難先でのストレスなどが重なり、最愛の家族を …
原発避難訴訟で本人尋問 「事故の償い速やかに」 前橋地裁産経ニュース

all 2 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業