「公の場で被害明確に」 原発事故避難者ら 集団提訴控え決意 – 東京新聞

2013-02-24

東京新聞

「公の場で被害明確に」 原発事故避難者ら 集団提訴控え決意
東京新聞
東京電力福島第一原発事故で福島県から本県に避難している被災者らが、国と東電に損害賠償を求める集団訴訟を千葉地裁に起こすのを前に、県弁護士会館で二十三日、訴訟に関する説明と交流会があった。弁護団は「公の場で責任を明らかにし、被害を明確化することが
原発事故で自殺を補償東スポWeb

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業