「原発ADRの集団申し立て」 時間と手間省き 公平な賠償目指す – 東京新聞

2014-07-11

原発ADRの集団申し立て」 時間と手間省き 公平な賠償目指す
東京新聞
A 福島県相馬市に隣接する宮城県丸森町の筆甫(ひっぽ)地区では、賠償額が福島県内の半額程度だったことに納得がいかず、住民六百九十四人がADRに申し立てた。東電は和解案を受け入れ、今年六月、福島県外で同県内並みの賠償を認めた、初のADR和解の成立が …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業