「命があるだけで本当に…」足早に帰路へ – 日刊スポーツ

2014-09-28

「命があるだけで本当に…」足早に帰路へ
日刊スポーツ
27日に噴火した御嶽山から下山した登山者らは、避難所で眠れぬ一夜を過ごした。突如、襲った噴煙の恐怖に言葉を失い、山頂に … 1人で登山に来た埼玉県川口市の黒須康弘さん(41)は大きなリュックを背負い、登山靴は灰で汚れたまま。「命があるだけで本当に…」と言葉を …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業