「大切なもの、奪われた」 原発事故 県内避難者 – 東京新聞

2014-04-26

東京新聞

「大切なもの、奪われた」 原発事故 県内避難者
東京新聞
東京電力福島第一原発事故の影響で福島県から県内に避難している約三十世帯九十人が、国と東電に計九億九千万円の損害賠償を求めた訴訟の第一回口頭弁論が二十五日、前橋地裁で開かれた。原告の女性二人が弁論で意見陳述に立ち、「どれだけ多くの人の大切なもの …
東日本大震災:福島第1原発事故 避難者訴訟 新たに53人参加 地裁、第2回弁論 /京都毎日新聞

all 3 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業