「急ブレーキ」データ活用、埼玉県で人身事故2割減 スマートメンテナンス(2) – 日本経済新聞

2013-10-08

「急ブレーキ」データ活用、埼玉県で人身事故2割減 スマートメンテナンス(2)
日本経済新聞
管理者だけでインフラのモニタリングや点検データの絞り込みを行うのではなく、利用者の力を借りてデータを取得し、それを維持補修に役立てる――。新しいデータ利用の発想は、「利用者とともにインフラを守る」という機運を生む可能性を秘めている。連載「スマートメンテナンス」 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業