「故郷 放っておけない」 被災弁護士 地元を奔走 – 東京新聞

2011-12-26

東京新聞

「故郷 放っておけない」 被災弁護士 地元を奔走
東京新聞
訪れた男性(65)は、東京電力への損害賠償請求書の封も切っていないという。「請求方法が複雑で…」。渡辺さんは柔らかい口調で「すぐに請求の権利が消えるわけではないから、慌てなくても良いんですよ」とアドバイス。男性の表情がやわらいだ。 分厚い請求書類に戸惑う

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業