「東電補償金暮らし」に浸かり始めた避難住民―帰村して働くより今でいい – J-CASTニュース

2012-03-01

「東電補償金暮らし」に浸かり始めた避難住民―帰村して働くより今でいい
J-CASTニュース
「週刊新潮」の大震災ワイドに、被災地の瓦礫受け入れを拒否しているさいたま市のスーパーアリーナに近い住宅街の地下に、核廃棄物ドラム缶が4万本も置かれているという記事がある。この廃棄物が発覚したのは13年前。放置したのは三菱マテリアルで、同社の関係者が事情を

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業