「津波到来 予見できた」 本人尋問終わる 原発避難訴訟で原告 – 東京新聞

2016-02-27

「津波到来 予見できた」 本人尋問終わる 原発避難訴訟で原告
東京新聞
東京電力福島第一原発事故による県内への避難者ら百三十七人が、国と東電に計約十五億円の損害賠償を求めている集団訴訟の口頭弁論が二十六日、前橋地裁(原道子裁判長)であった。本人尋問を予定していた原告一人が仕事と健康上の理由で出廷できず今後も難しいと …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業