「温かい支援」感謝届ける 流山市に福島「復興大使」 – 東京新聞

2013-10-04

東京新聞

「温かい支援」感謝届ける 流山市に福島「復興大使」
東京新聞
三人は今回、埼玉県加須、行田両市などを回り、流山市を訪れた。 一行は、原発事故で十五万人を超える県民が避難し、汚染水問題や風評被害が重くのしかかっている現状を説明。郷さんは「福島を見つめ支えてくれた多くの皆さんの温かい支援で、ここまで来ることができまし 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業