「福島の今、~語られない被害と起民への動き~」福島に寄り添い、埼玉の地でこれからの未来を考える【生活クラブ生協・埼玉】 – PR TIMES (プレスリリース)

2015-11-13

「福島の今、~語られない被害と起民への動き~」福島に寄り添い、埼玉の地でこれからの未来を考える【生活クラブ生協・埼玉
PR TIMES (プレスリリース)
東日本大震災、そして福島第一原発の事故から4年半余り。当時、埼玉県でも、さいたまスーパーアリーナに双葉町民2177人の方々が避難され、その後旧騎西高校に移動し1423人がペットと共に避難生活をおくられたことは記憶に新しいところです。 戻りたいけど戻れない被災者 …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業