「空き家バンク」希望次々 – 読売新聞

2012-05-18

読売新聞

「空き家バンク」希望次々
読売新聞
東彼杵町は、町内の空き家への入居を仲介する「空き家バンク」制度を設け、福島第一原発事故の影響で自主的に避難先を探している家族などを受け入れている。1月に始めたところ希望者が相次ぎ、現在は「空き家待ち」の状態。町は「将来的に人口増につながれば」と期待して

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業