「立ち話ができる知人10人以上」 震災後、35.6%→5%に減 – 東京新聞

2012-06-08

「立ち話ができる知人10人以上」 震災後、35.6%→5%に減
東京新聞
県内の弁護士らでつくる「震災支援ネットワーク埼玉」(SSN)は七日、東京電力福島第一原発事故で、県内に避難する福島県の被災者の生活環境や健康状態を調査したアンケートの集計結果を公表した。 近隣との関係について「日常的に立ち話する付き合いの人」を「十人

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業