【原発事故の被災者】国会議員の力で救済を(7月14日) – 福島民報

2014-07-14

原発事故の被災者】国会議員の力で救済を(7月14日)
福島民報
拒否の根拠は、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)が中間指針で示した月10万円の賠償額が、ADR和解案の一律月5万円上積みと金額で大きな隔たりがあるためという。原発事故の被害者の声が軽んじられ、加害企業である東電の主張がまかり通るのは許せ …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業