【原発賠償】東電は柔軟な対応を(3月10日) – 福島民報

2015-03-10

原発賠償】東電は柔軟な対応を(3月10日)
福島民報
東京電力福島第一原発事故による賠償が大きな転換点を迎えている。避難区域内に勤務していた人の減収分を補う就労不能損害賠償は2月末で原則打ち切りとなった。事業の損失分を補う営業損害賠償は来年2月で打ち切る東電の素案に商工業者から猛反発が起きている。
<被災地のいま>原発事故/損賠打ち切る動き表面化河北新報
賠償金4.7兆円が落とす影、震災4年で「心災」広がる-日本の将来像かブルームバーグ
営業賠償…商工業者改めて継続求め 2015年03月10日読売新聞
中日新聞 –SankeiBiz
all 22 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業