地方制度】被災地の視点を生かせ(6月27日) – 福島民報

2013-06-27

地方制度】被災地の視点を生かせ(6月27日)
福島民報
今月17日には、双葉町が、埼玉県にあった役場機能をいわき市に移した。市内には原発事故の避難者約2万4000人が暮らし、双葉町をはじめ楢葉、富岡、大熊、浪江の各町が事務所や出張所を設けている。「仮の町」の災害公営住宅が順次整えば、業務内容は広がるはずだ。

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業