【富岡町桜通信】心つなぎ 明日へ(8月30日) – 福島民報

2013-08-30

【富岡町桜通信】心つなぎ 明日へ(8月30日)
福島民報
埼玉県で避難生活を送る夫婦は「漁場が放射能で汚染されてしまい、生きがいという名のはしごを外されてしまった感じになりました」と仕事の漁業ができなくなったことを嘆きながらも「娘たちのためにも失われた過去を振り返るのではなく、前を向いていくことにしました」と語って 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業