【復興の道標・賠償の不条理】家庭不和の引き金にも 巨額なお金、相続影響 – 福島民友

2016-03-08

福島民友

【復興の道標・賠償の不条理】家庭不和の引き金にも 巨額なお金、相続影響
福島民友
福島市の仮設住宅で暮らす飯舘村の男性(74)は、同じ仮設に住む高齢者が原発事故の賠償額を全く知らなかったことに衝撃を受けた。 東京電力は、帰還困難区域の避難者に5年分として1人当たり600万円など、区域に応じて精神的損害賠償を支払っている。この高齢者が …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業