【災害公営住宅】 建設地で応募偏り 福島、若松 定数割れも 県中間発表 入居町村拡大 視野に – 福島民報

2014-05-20

【災害公営住宅】 建設地で応募偏り 福島、若松 定数割れも 県中間発表 入居町村拡大 視野に
福島民報
さらに、昨年12月に文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が避難先での生活再建を後押しする指針を示したことを受け、避難者の生活設計にも変化が表れているという。 富岡町からいわき市 … 県は東京電力福島第一原発事故に伴う災害公営住宅を4890戸整備する計画。

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業