【現場から】東電新会長の役割の重さ – SankeiBiz

2012-04-02

【現場から】東電新会長の役割の重さ
SankeiBiz
原発事故から1年あまり。東電を取り巻く環境は劇的に変わった。3月29日には公的資金による1兆円の資本注入を原子力損害賠償支援機構に申請、実質国有化の受け入れも決めた。経営トップが経団連会長を務めたこともある名門企業が、政府の支援なしには立ちいかなくなっ

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業