【自立-6】漁師「賠償の方が安定」 本格操業再開後の将来不安 – 福島民友

2015-12-05

福島民友

【自立-6】漁師「賠償の方が安定」 本格操業再開後の将来不安
福島民友
唯野は、第1原発から半径20キロ圏外のため、1人当たり月額10万円の精神的損害賠償は受け取っていない。「漁業でも農業でも、何でもいいから食わなければ」. 唯野は4月、仲間と農事組合「グリーンファーム磯部」をつくった。がれきを撤去した田んぼなど約22ヘクタールに …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業