【被災地の風評対策】交流を通じ深まる理解(11月7日) – 福島民報

2015-11-07

【被災地の風評対策】交流を通じ深まる理解(11月7日)
福島民報
避難生活を送る住民は多いものの、徐々に道路や防潮堤の復旧が進み、医療・福祉の環境も整えられてきた。農林水産業は食の … 震災後、つながりができた兵庫県・西宮、埼玉県・狭山両JCを通じ、来県した人々と広野町で稲作を、川内村でソバ栽培を行った。三度にわたり …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業