【越谷突風】不安を抱えて避難所で一夜 – 埼玉新聞

2013-09-03

【越谷突風】不安を抱えて避難所で一夜
埼玉新聞
被害の大きかった地区に住む70代の女性は、避難所となっている北部市民会館で不安な夜を過ごしていた。「本当に一瞬の出来事だった」と当時の様子を振り返る。屋根には穴が開き、窓や引き戸のガラスは突風で割れ、家の中に散乱。他の家の屋根瓦も入り込んできたという。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業