【銘柄診断】東京電力は環境の不透明感強いが、チャートは反発局面接近を示唆 – 財経新聞

2012-06-13

【銘柄診断】東京電力は環境の不透明感強いが、チャートは反発局面接近を示唆
財経新聞
原子力損害賠償支援機構を引受先とする総額1兆円の優先株を発行する予定で、料金引き上げと柏崎刈羽原発の再稼働が実現すれば、2014年3月期の黒字転換が想定されている。 ただ、今後原子力損害賠償費や除染、廃炉の費用がどこまで膨らむか見通すのは困難で、国有化

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業