【ADR和解案】 一部拒否、回答延長に批判 弁護団「損害軽視」 東電「吟味、検証に時間」 – 福島民報

2014-05-31

福島民報

【ADR和解案】 一部拒否、回答延長に批判 弁護団「損害軽視」 東電「吟味、検証に時間」
福島民報
東京電力福島第一原発事故を受け、県民らが政府の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電がセンターの和解案を一部拒否したり、受諾するかどうかの回答期限延長を求めたりするケースが少なくとも十数件に上っている。東電は …
「誠意見られぬ」 浪江町長が批判朝日新聞

all 4 news articles »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業