あしたへ<2>「いつか震災の恩返しを」 埼玉で笑顔絶えない介護士に – 東京新聞

2012-01-03

あしたへ<2>「いつか震災の恩返しを」 埼玉で笑顔絶えない介護士に
東京新聞
「自動車の教習所に通ってるんだ。まだ仮免許も取れていないけど」。県立鴻巣女子高校に通う林恵久子さん(18)がはにかんだ。先月二十二日、福島県双葉町から加須市の旧騎西高校に避難してきて、二度目の終業式を迎えた。「四月からは埼玉で一人暮らしが始まる。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業