あしたへ<4>「古里へ 絆忘れない」 三郷で「川房通信」発行続ける – 東京新聞

2012-01-05

東京新聞

あしたへ<4>「古里へ 絆忘れない」 三郷で「川房通信」発行続ける
東京新聞
志賀さんの古里は福島第一原発事故で、立ち入りが厳しく制限されている福島県南相馬市小高区川房地区。事故後、さいたま市に逃れ、昨年四月からは長男夫婦がいる蓮田市に避難している。川房地区の老人会長の中里さんも、避難先の三郷市から長寿のお祝いに駆け付けた。

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業