いつかは古里に… 跡継ぎへの期待 再出発の気持ち 店名に込める – 福島民報

2013-01-14

福島民報

いつかは古里に… 跡継ぎへの期待 再出発の気持ち 店名に込める
福島民報
店主の松本清治さん(56)と妻の茂子さん(57)、長男の武士さん(28)が避難先での開店を決意。昨年11月から店を切り盛りする。10日は茂子さんが 夫婦は福島市から埼玉県川越市を経て、昨年4月につくば市に落ち着いた。 新規開店に際して、以前にマグロを仕入れていた

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業