いつか双葉で農業を 避難先で組合法人を設立 秋にも活動本格化 – 福島民報

2013-08-18

福島民報

いつか双葉で農業を 避難先で組合法人を設立 秋にも活動本格化
福島民報
東京電力福島第一原発事故後、双葉町から埼玉県久喜市に避難し、農業をしている鵜沼一夫さん(65)久江さん(60)夫婦は耕作放棄地などを活用して今秋にもパイプハウス3棟を建設し、農事組合法人の活動を本格化させる。「いつか古里に戻って農業をしたい」との思いは 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業