いら立ちを募らせる福島県の避難住民、東電に対する強硬姿勢へ – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

2012-04-05

観光経済新聞

いら立ちを募らせる福島県の避難住民、東電に対する強硬姿勢へ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
「1万人の和解要求」と呼ばれるこの取り組み――福島原発事故の避難住民による東電に対するこれまでで最も大規模な集団申し立て計画――の下では、(事故前の人口1万2800人の)小高区の住民は、避難に伴う精神的損害に対し東電が支払うことで合意した賠償金の3倍の額を求めて
全旅連東北ブロック、原発事故の公正な賠償を要求観光経済新聞
東電に早期支払い要求 賠償金でJAグループ47NEWS

all 5 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業