いわゆる「自主避難」のみなさまへ

2011-09-17

報道等を見て,「対象区域」外からのいわゆる「自主避難」をしている自分達は,東京電力から賠償を受けることができないと思い込んで,あきらめてしまっていないでしょうか?

私たち,原発被害救済弁護団(埼玉)では,いわゆる「自主避難」のみなさまの東京電力に対する損害賠償請求について,次のように考えています。

自分の思い込みであきらめてしまわずに,まずは,弁護団にご相談下さい。

弁護団のいわゆる「自主避難」に対する考え方

1,「対象地域」外からのいわゆる「自主避難」も,「放射線被害への懸念によって余儀なくされた避難」にあたり,その避難に伴う損害は,東京電力に対する賠償請求の対象となります。

2,この点は,原子力損害賠償紛争審査会でも「一定の配慮が必要であること,避難せずに残っている者も相当量の被曝を受けており,それらの者に対しても配慮がなされるべきことでほぼ意見の一致をみ」たという議論がされており,いわゆる「自主避難」の方についても,賠償対象となり得ることを認めています。

しかし,実際に,損害賠償が認められるべき「自主避難」の範囲は必ずしも明確ではありません。

3,他方で,東京電力は,いわゆる「自主避難」については,現時点では,一切,損害賠償の対象として扱っていません。

4,私たち,弁護団は,東京電力の姿勢を強く批判し,いわゆる「自主避難」の方の相談も受け,紛争解決センター及び訴訟を通じて,その被害の回復に向けて努力していきたいと思います。

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業