さいたまで福島の心をつなぐ – 秋田経済新聞

2013-08-21

さいたまで福島の心をつなぐ
秋田経済新聞
福島県から埼玉県への避難者は7月30日現在で3216人(福島県発表)。当日は、原発事故の風化防止と被災者の孤立や孤独を防ぐことを目指し、さまざまな企画が行われた。 浪江町に江戸時代から続く「大堀相馬焼」は、二重構造と走り駒の絵付けが特徴。震災では多くの作品 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業