ひたちなかで防災訓練 – 読売新聞

2013-11-10

テレビ朝日

ひたちなかで防災訓練
読売新聞
東日本大震災では市町村が被災して行政機能が低下し、自治体や関係機関との広域連携が教訓となったことから、群馬県や埼玉県の防災航空隊、宮城県警も参加した。 訓練は三陸沖から房総沖を震源とする地震で、ひたちなか市で震度6弱を観測し、高さ10・7メートルの津波が襲来したと想定。ビルの屋上に
M9の巨大地震想定 1万人超が参加の防災訓練実施 茨城MSN産経ニュース

all 13 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業