みなし仮設:いつまで住めるのか 毎年、更新の知らせ待つ – 琉球新報

2015-03-15

毎日新聞

みなし仮設:いつまで住めるのか 毎年、更新の知らせ待つ
琉球新報
福島市の女性(43)は2011年5月、3人の乳幼児を抱えて自主避難し、埼玉県内の民間賃貸住宅に入った。みなし仮設住宅のため家賃の負担はないが、仕事のため福島に残った夫は月2回ほど金曜の夜に車で埼玉に来て日曜の午後には戻る。二重生活で1カ月当たり10万円 …
<みなし仮設>延長可能性「黒塗り」開示 県、避難者側にBIGLOBEニュース

all 11 news articles »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業