よみがえる「海勝丸」 大修理の末、喜びの進水 漁再開へ一歩 – 福島民報

2013-04-13

よみがえる「海勝丸」 大修理の末、喜びの進水 漁再開へ一歩
福島民報
一家は一時、埼玉県に避難したが5月には原町区に戻った。寛さんも息子たちも自分たちの仕事場である海に戻りたかった。新しい船を造る方法もあったが、愛着もある海勝丸を修理することにした。国の補助があっても新たな負担は数千万円に及ぶが、未来を信じ決断した。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業