インタビュー:脱国有化を視野、自由化は他地域・ガスに注力=東電社長 – 朝日新聞

2016-02-08

朝日新聞

インタビュー:脱国有化を視野、自由化は他地域・ガスに注力=東電社長
朝日新聞
2年前に政府に認定された再建計画では、16年度に「自律的運営体制」に入ったと評価されれば、原子力損害賠償・廃炉等支援機構の議決権比率が50%未満となり、実質国有化から脱却できる。カギは社債市場への復帰だ。 ただ、公募社債の発行再開について広瀬社長は「マーケットの判断」とし、原発再稼働

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業