エネルギー政策 電力危機の回避を最優先せよ – 読売新聞

2012-01-22

エネルギー政策 電力危機の回避を最優先せよ
読売新聞
政府などが出資する原子力損害賠償支援機構の設立で、被害者に対する当面の賠償資金は確保された。 しかし、福島原発の廃炉費用などは支援機構による資金援助の対象外だ。東電は10年で2・6兆円のリストラを行うが、経営努力だけでは巨額の費用を賄えない。

and more »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業