ヒトiPSからミニ肝臓=肝不全マウスに移植、生存率向上-横浜市大 – 時事通信

2013-07-04

ヒトiPSからミニ肝臓=肝不全マウスに移植、生存率向上-横浜市大
時事通信
ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)や血管のもとの細胞などから小さな肝臓を作り、肝不全のマウスに移植して生存率を大幅に向上させたと、横浜市立大の谷口英樹教授(49)らが3日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。 ヒトの万能細胞から十分に機能する臓器が作 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業