フタバから遠く離れて 第二部 復興に伴う現実、客観的に – 日本経済新聞

2014-11-16

フタバから遠く離れて 第二部 復興に伴う現実、客観的に
日本経済新聞
前作では、被災直後の生々しい現実が対象のため、故郷を失ったことへの人々の思いが被災者に寄り添うカメラを通して強く感じられたが、本作では、例えば埼玉避難所にいる町民と福島の仮設住宅に入居した町民の間の溝など、復興の歩みに伴う軋轢(あつれき)やその遅々 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業