事故収束、全基廃炉、迅速な賠償 東電新会長、社長 全力で3項目対応 – 福島民報

2012-06-29

河北新報

事故収束、全基廃炉、迅速な賠償 東電新会長、社長 全力で3項目対応
福島民報
佐藤知事が福島第一原発事故の対応を最優先に考え、事故の完全収束、県内原発の全基廃炉、損害賠償の迅速な実施の3項目を要望したのに対し、広瀬氏は「要望をしっかりと受け止め、最善を尽くす」と述べ、新体制移行を機に、問題解決にスピード感を持って全力で取り組む
「福島が最優先課題」 東電新社長 知事に事故を謝罪東京新聞
東電、経営改革本部会議を設置…コスト削減加速読売新聞
東電:新会長が福島で謝罪毎日新聞

all 85 news articles »

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業