京都避難の被災夫婦、再び移住 高齢化で妹の住む埼玉へ – 京都新聞

2014-03-10

京都避難の被災夫婦、再び移住 高齢化で妹の住む埼玉
京都新聞
東日本大震災で宮城県の自宅が津波で流され、京都市に避難した夫婦が10日、震災から3年の節目を前に京都を離れた。一時は永住も考えたが、高齢などの理由もあり、親戚のいる埼玉県に移住することを決めた。夫婦は「京都が大好きだったが、苦渋の決断。別れはつらい」 

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業