今を生きる エッグアートに復興託す 各地で作り方指導へ – 福島民報

2013-05-30

福島民報

今を生きる エッグアートに復興託す 各地で作り方指導へ
福島民報
今後は各地に避難する人々に作り方を指導するつもりだ。 横山さんは東日本大震災後、埼玉県や二本松市に避難し、現在は東京都三鷹市に住んでいる。エッグアートでは「卵は新しい生命の誕生と再生のシンボル」とされていることに着目。「『願い叶(かな)えたまご』として復興を

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業