今を生きる 帰れない仲間に勇気を 避難生活1年3カ月 画集を自費出版 会員の発表会計画 – 福島民報

2012-07-25

福島民報

今を生きる 帰れない仲間に勇気を 避難生活1年3カ月 画集を自費出版 会員の発表会計画
福島民報
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で息子が住む埼玉県のマンションに避難した。「どうしても絵が描きたい」。避難先で知人から物置小屋を借り、昨年4月上旬から活動を再開した。 テレビからは日々変化する古里の状況が流れた。放射線の数値はどうなっていく

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業