今を生きる 本県避難者の力に 見回りや相談活動 – 福島民報

2013-07-19

今を生きる 本県避難者の力に 見回りや相談活動
福島民報
古里から遠く離れ孤独な思いをしている避難者を助けたい」。東京電力福島第一原発事故で広野町から埼玉県越谷市に避難している根本晃英(あきひで)さん(52)は4月から、同市ただ1人の震災避難者支援補助員として、本県などの避難者の見守り活動に励んでいる。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業