今を生きる 避難者応援の大熊町関東事務所開所1カ月 心に寄り添い手助け 1都5県の町民1380人見守る – 福島民報

2014-09-02

福島民報

今を生きる 避難者応援の大熊町関東事務所開所1カ月 心に寄り添い手助け 1都5県の町民1380人見守る
福島民報
東京電力福島第一原発事故による避難者の絆維持に取り組む大熊町コミュニティ支援関東事務所(さいたま市浦和区)は、開所から1カ月余りが過ぎた。自ら避難者で、町復興支援員として活動している星川美智子さん(50)は、古里を追われ関東地方に移った町民宅を1軒1軒 …

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業